パクチーはすぐ野生化するし花咲くし、花はめちゃカワイイ。

菜園

こんなカワイイ花が咲くんですよパクチーって。ちょー可愛くないですか?

白くて小さなカワイイ花ですよね。この花が種になるんです。せっかくのなので華麗なるパクチーの変身の様子をご説明します。

まず、花が咲く前のパクチーは葉っぱの様子が変わります。なんだか細くなって上に上に伸びていきます。

花が咲く前のパクチーの葉っぱ。写真のはまだ「苗」ってくらいの大きさなんですけど、こんな状態でも花咲いちゃうんですよね。成長具合ではなくて、気温とかで決まっちゃうみたいですね。もっと小さなポットのパクチーも花咲きかけちゃったし。

この細い葉っぱがひょろひょろと伸びてきたら次は花が咲きだします。あっちもこっちも花が咲きだすんです。

で、花が咲いたら今度は実が生りだします。見えますか?小さな緑色の実。これまためっちゃカワイイんですよね。

こういう状態になったパクチーはもはやパクチーとしては食べられません。ゴワゴワで繊維ばっかりであのやわらかでみずみずしいパクチーとは大違いです。

で、この花が枯れた後にできる緑色の実が更に熟していくと

だんだん種っぽくなってくるんですよね。そろそろ「コリアンダーの種」の片鱗が見えてきたでしょ?このまま置いとくとどんどん種になっていきます。

で、このまままたしばらく置いとくと

完全にコリアンダーの種になります。これは去年のもの、工房の隅っこに吊るして干してました。

こうやって写真を見比べると色んな季節っぽいんですけど、全部「今」です。みずみずしい緑のパクチー達は菜園でのびのび育ってるし、

表に置いてるプランターや花壇のパクチー達はどんどん種になっていってる。

距離にして50mも離れてるかどうかなのに、非常に不思議です。まさにパクチーの七不思議です。まぁ水やりの加減とか日当たりとかそういうのが原因でしょうけどね。同じ種から発芽したパクチーだし。

パクチーは年に2回くらい収穫時期があるので、秋になったらまた種を撒こうと思います。あぁ愛しのパクチー!今夜もパクチーサラダにして頂こうと思います。ありがとうパクチー!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました